高藤直寿の2022年の運勢はどうなの?オリンピック後の活躍は?

2021年東京オリンピックの柔道男子60kg級。
楊勇緯選手(台湾)に勝ち、自身初の金メダルを獲得した高藤直寿選手。

金メダルを獲っただけでもすごいですが、激闘を終えた2人が手を取り合い、
健闘を称えていたシーンに「これぞスポーツマンシップ!」「これが五輪!」
など反響が寄せられていました。

高藤直寿選手の組み手は左組みです。
小内刈り・巴投げ・肩車を得意技としています。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは銅メダル。
強いだけでなく、立派なスポーツマンシップも持っている高藤直寿選手。

これからますます期待が高まる選手ですね。
今回は、高藤直寿選手の2022年の運勢やオリンピック後の活躍について占ってみました!

東京オリンピックの柔道金メダリスト高藤直寿選手の2022年の運勢を分析してみた

3年後の五輪に期待しつつ、運気の流れを見ていきましょう!

高藤直寿選手の九星気学の分類

1993年5月30日生まれ

本命星:七赤金星
月命星:五黄土星
傾斜宮:兌宮傾斜

2022年の高藤直寿選手の運勢は??

2022年は、本命星の七赤金星は、九星気学の方位盤上では、西にあります。
西は、兌宮という部屋です。

本命星の七赤金星が真ん中の兌宮という部屋に回座した年や月や日は、
運勢に兌宮の象意作用が強く顕われます。

本命星が兌宮に廻るときは、「運勢としては、収穫祭」悦び祝う時期です。

九星気学における9年のサイクルで、1サイクルとします

9年間の一サイクルの中で、基礎を固めをして、種を蒔きをして、花が咲き、
実りの時期がおわり、収穫の時期を迎えます。

兌宮の時期は、収穫の時期に当たります。
とはいえ、舞い上がりすぎると兎角財産において、目減りする傾向にあります。

それは、兌宮という遊びを現す宮です。
働く事に専念できずに、遊ぶ事に比重がおかれやすいため、注意の必要な時期です。

柔道にて、様々な記録を残された高藤直寿選手。
リオデジャネイロ五輪の銅メダルから4年間、
リベンジに向けて相当な努力を積まれてきたのではないでしょうか?

2022年は、ゆっくりと成果を悦ぶ・柔道生活を振り返る時期にしてほしいです。
2023年は、変化のある宮に廻りますので、柔道指導者への転向という変化もあるかもしれません。

変化を起こすには、変化を起こす何かしらの火種が必要です。
2023年に善き方向へ変化していくには、2022年の過ごし方が大事です。

とにもかくにも東京オリンピックの金メダル獲得おめでとうございます。
今後の活動も期待したいです。

最後に

今回は、これからの活躍が気になる高藤直寿選手について九星気学で占っていきました。

九星気学では、あるリズムを知ることで、人生をより発展させることができると言われています。

そのリズムとは、

・運勢が弱まっている時→計画を練る

・運勢は弱まっているけれど、これから上昇する時→準備

・運勢が強い時→実行する

このリズムをふむことで、より発展した人生となります。

旅行へ行くときに当日に準備してから出発という方は少ないと思います。

ほとんどは、前の日やもっと前から計画し、念入りに準備しますよね。

それと同じです。

九星気学を知ることで、有意義な人生を送れるようになること間違いなしですよ。

九星気学を知ることで
人生を楽しく有意義に過ごすことができるようになります。

九星気学勉強会はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
九星気学についてもっと詳しく知りたいと思った方はこちら

九星気学鑑定はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
今ならお試し価格でアナタを鑑定致します。