四十住さくらの2022年の運勢は?今後の活躍を九星気学で観てみた

今回の東京オリンピック・スケートボード女子パークで
見事金メダルを獲得し、初代女王となった四十住さくら選手。

四十住さくら選手がスケートボードを始めたのは、小学6年生のころ。
兄から古いスケートボードを譲り受け、始めたのがきっかけだそう。

始めた当初、四十住さくら選手のご両親は、
スケートボードの道に進むのを反対していたそうです。

しかし、

  1. スポーツとして一生懸命やること
  2. 怪我をしても諦めないこと
  3. 日本一のレディーススケーターになること

という3つの約束を条件に承諾してくれたようです。

ご両親の協力を得て、本格的にスケートボードを始めたのだとか。
本格的に始めてからは、ハードな練習をこなしてきた四十住さくら選手。

今回は、これからの活躍が大いに期待されている四十住さくら選手の
2022年の運勢やオリンピック後の活躍について占っていきます。

四十住さくらの2022年の運勢はどうなの?

四十住さくら選手の九星気学の分類

2002年03月15日生まれ。

本命星:七赤金星
月命星:七赤金星
傾斜宮:艮宮傾斜

2022年の四十住さくら選手の運勢は?

2022年、本命星の七赤金星は、九星気学の方位盤上、西にあります。
西は、兌宮という部屋です。

2022年の本命星の七赤金星が西の兌宮に同会した年や月や日は、
運勢に兌宮の象意作用が強く顕われます。

兌宮の象意作用とは

  • 楽しいことや嬉しい事が満載
  • 実りを収穫する時
  • これまでの、行動の結果が収穫高になる
  • 縁談が起こりやすく、結婚に進む機会が多くなるとき
  • 自分から積極的にアプローチしていく傾向がある

兌宮に回座する2022年は、娯楽の1年となり、
何かと遊ぶことが増えそうです。

娯楽、趣味にお金を使う傾向にあります。
その際は、散財することも在るために注意が必要です。

仕事に恋愛と楽しみの多い1年になりそうです。

9年間の一サイクルの中で、基礎を固めをして、種を蒔きをして、
花が咲き、実りの時期がおわり、収穫の時期を迎えます。

2022年は、四十住さくら選手にとっては、収穫の悦び祝う時期です。
今までの、努力の結果が実って収穫できる年になりそうです。

収穫出来るものは、過去の行動の結果です。

収穫を悦ぶと共に、結果を振りかえりしっかり
分析していく事が、今後の運気に大きく影響していきます。

2021年に東京オリンピックにて、金メダル獲得されています。
相当な努力をされてきたのでしょう。

2022年には、良き収穫時期を迎える事ができるでしょう。

人は、収穫を得ると慢心してしまう傾向にあります。

良い収穫を出来たとしても慢心することなく、
その中から、何かしらの学びを得る謙虚な心持ちで過ごす事で
次の9年のサイクルにて、さらなる成長発展していくのではないでしょうか??

最後に

今回は、四十住さくら選手の2022年の運勢について占っていきました。
占いに用いたのは、九星気学という占術の一つです。

九星気学は、恋愛運や仕事運など総運を占うことが可能です。
鑑定の際には生年月日を必要とします。

九星気学の活用法は、運気が上がっているときに行動し、
運気が下っているときは計画・準備を徹底することです。

大切な約束ごとや旅行など、当日に準備して出発する人は少ないですよね。
前もって計画・準備をしっかり行う人がほとんどだと思います。

これは、運勢にも言えることで、
準備もなしに実行しても上手くいかないことがほとんどです。

準備を徹底することで、より有意義な人生を送れるようになりますよ。

九星気学を知ることで
人生を楽しく有意義に過ごすことができるようになります。

九星気学勉強会はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
九星気学についてもっと詳しく知りたいと思った方はこちら

九星気学鑑定はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
今ならお試し価格でアナタを鑑定致します。