永瀬貴規の2022年運勢は?オリンピック後の活躍を分析

2016年リオデジャネイロオリンピックで銅メダル獲得、
2020年東京オリンピックでは金メダル獲得。

他にも輝かしい経歴を残してきた永瀬貴規選手。
永瀬貴規選手は、6歳の頃に兄と共に柔道を始めました。

平尾勝治さんが師範を務める養心会に入門。

ちなみに世界選手権大会の中量級2位の平尾勝治さんは、
永瀬貴規選手の大叔父にあたるそうです。

その後、メキメキと実力をつけました。
その反面、何度も挫折を味わった永瀬貴規選手。

今回のオリンピック後のインタビューでは、
「ついに表彰台の一番高い景色を眺められた。
この5年は辛い時間だったが、今日でそれが報われた」と話しています。

挫折にくじけることなく、ひたすら頑張ってきた永瀬貴規選手。
今回は、永瀬貴規選手の2022年の運勢やオリンピック後の活躍について占っていきます!

永瀬貴規の2022年運勢はどうなの?

永瀬貴規選手の九星気学の分類

1993年10月14日生まれ。

本命星:七赤金星
月命星:九紫火星
傾斜宮:震宮傾斜

2022年の永瀬貴規さんの運勢は?

2022年は、本命星の七赤金星は、九星気学の方位盤上では、西にあります。
西は、兌宮という部屋です。

2022年の本命星の七赤金星が西の兌宮に同会した年や月や日は、
運勢に兌宮の象意作用が強く顕われます。

兌宮の象意作用とは

  • 楽しいことの多い
  • 異性に関心が起きる
  • 収穫を悦ぶ時

兌宮に回座する2022年は娯楽の1年、
何かと遊ぶことが増える1年になりそうです。

食事、娯楽、趣味にお金を使う傾向にあります。
その際は、散財することもあるために注意が必要です。

9年間の一サイクルの中で、基礎を固めをして、種を蒔きをして、花が咲き、
実りの時期がおわり、収穫の時期を迎えます。

2022年は、永瀬貴規選手にとっては、収穫の悦び祝う時期です。
永瀬貴規選手は、16年リオデジャネイロ五輪銅メダル、世界選手権は15年に優勝。

過去に国際大会にて輝かしい成績を残されています。
過去の努力の結果としての成果を悦ぶ時です。

2022年に、異性に関心が起きる時期です。
良い出会いがあるかもしれませんね!

2022年の永瀬貴規選手の活躍に期待しましょう。

最後に

今回は、永瀬貴規選手について九星気学で分析していきました。

九星気学の活用法は、運勢が強い時に行動し、
運勢が弱まっているときには行動に移さずに計画、準備をすることです。

このリズムを知ることで、成功に繋がるはずです。
ただ、違うリズムをとってしまうと苦痛や失敗を呼び寄せてしまいます。

どこかに旅行に行くとき、当日にいきあたりばったりで行く人は少ないですよね。

多分、ほとんどの方は念入りに計画・準備をして、
当日の旅行に備えるのではないでしょうか。

運勢もそれと同じで、しっかりと準備することが大切です。
九星気学を知ることで、より明るい未来をつかみましょう!

九星気学を知ることで
人生を楽しく有意義に過ごすことができるようになります。

九星気学勉強会はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
九星気学についてもっと詳しく知りたいと思った方はこちら

九星気学鑑定はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
今ならお試し価格でアナタを鑑定致します。