ウルフ・アロンの2022年運勢は?九星気学で観るオリンピック後の活躍

豊富なスタミナが持ち味で2017年の世界選手権で金メダル、
2019年の世界選手権では銅メダル、2018年のグランドスラムでは金メダルなど
輝かしい成績を残してきたウルフ・アロン選手。

そんなウルフ・アロン選手は、今回の東京オリンピック男子柔道100kg級で
見事金メダルを獲得しました。

ウルフ・アロン選手が柔道を始めたのは6歳の頃、
講道館にある春日柔道クラブで始めました。

一つ上にはベイカー茉秋さん、
一つ下には朝比奈沙羅さんがいたそうです。

いまでこそガッツのある迫力満点の柔道を見せてくれるウルフ・アロン選手。

始めてから中学生くらいまで、『柔道を楽しい、おもしろい』
と思ったことはないのだそう。

高校では、柔道を辞めてアメリカンフットボールをやる予定だったようです。

後輩に何度も投げられるうちに悔しやがこみ上げ、
柔道に力を入れるようになったのだとか。

今後の活躍が気になる選手ですよね。
今回は、ウルフ・アロン選手の2022年の運勢やオリンピック後の活躍を占っていきます!

ウルフ・アロン選手の九星気学の分類

1996年02月25日生まれ。

本命星:四緑木星
月命星:八白土星
傾斜宮:坎宮傾斜

2022年のウルフ・アロン選手の運勢は?

2022年は、本命星の四緑木星は、九星気学の方位盤上では、南東にあります。
南東は、巽宮という部屋です。

2022年の本命星の四緑木星が南東の巽宮に同会した年や月や日は、
運勢に巽宮の象意作用が強く顕われます。

巽宮の象意作用とは

  • 目的を達成し盛大の状態に行きつく
  • 物事が完成して調う
  • 他より、縁談の話が持ち込まれる
  • 社会的な信用を得られる
  • 進退について、決断に迷いやすい
  • 何事も順調に調う一年になりそうです

巽宮に回座する2022年は、しっかり基礎固めて忍耐強く努力を重ねてきた
ウルフ・アロン選手にとっては、その努力の結果が花開く年になりそうです。

また、社会的な信用を得る事の出来る年になりそうです。

9年間の一サイクルの中で、基礎を固めをして、種を蒔きをして、花が咲き、
実りの時期がおわり、収穫の時期を迎えます。

2022年は、昨年来の精進努力が実り、目標達成など万事が順調に進み、
社会的な信用も上がり益々好調になります。

2021年の東京オリンピック金メダルに続き
柔道の2022年世界選手権の結果が楽しみですね。

2022年のウルフ・アロン選手の活躍に期待しましょう!

最後に

今回は、ウルフ・アロン選手の2022年の運勢について
九星気学を用いて調査してみました。

九星気学は、上手く使いこなすと有意義な人生を送ることができます。
しかし、間違った活用法をしてしまうと苦しみなど苦痛を生み出してしまうことがあります。

上手に活用するコツは、

  • 運気が下っている時は、計画を立てていく
  • 運気は下っているけれど、上昇しつつある時は、念入りに準備
  • 運気が絶好調になったら、いよいよ実行

このリズムを取ると今以上に充実した日々になるはずです。
旅行や試験など何事もそうですが、準備は大切ですよね。

充実した日々を送るためにもただ待つだけではなく、
次の機会に備えてしっかり準備をすることが大事です。

九星気学を上手に活用して明るい未来を作り出していきましょう!

九星気学を知ることで
人生を楽しく有意義に過ごすことができるようになります。

九星気学勉強会はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
九星気学についてもっと詳しく知りたいと思った方はこちら

九星気学鑑定はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
今ならお試し価格でアナタを鑑定致します。