羽生結弦選手の2021年の運勢は?気になる今後は?

hanyuu uzuru unnsei2021

羽生結弦選手が、
フィギュアスケート世界選手権で
世界3位という結果で幕を閉じました。

コロナ禍での無観客での演技でしたが、
素晴らしい演技でしたね。

4年ぶり3回目の王者とはならなかった。
今回の結果に称賛の声が上がっています。

 

トルコ国営放送『TRT』でも、

「観客を魅了した」と称えている

同メディアは、27日の日程終了後に


「日本から世界への贈り物、
それが羽生結弦だ」
という
タイトルで記事を公開。


「その印象的なキャリアは他に類を見ない」
と褒めちぎった。

彼は2度のオリンピックチャンピオンである。

その存在はアイススケート界の驚異的な“現象”である。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/29bd67f8440829d3526dccf689c2077eed9526b1

世界で活躍する羽生結弦選手の運勢を九星気学にて鑑定

羽生結弦選手の九星気学の分類

1994年12月7日生まれ。

本命星:六白金星
月命星:四緑木星
傾斜宮:七赤金星 

 

2021年の羽生結弦選手の運勢は??

2021年の六白金星は、九星気学の方位盤で中宮に廻っています。

中宮はもともと五黄土星が示す方位です。

六白金星は五黄土星の影響を受けます。

中宮に回座する年の運気は、盛運の時期です。

中宮に回座する時期は、勢いにまかせて
事を拡大する傾向があるために注意が必要です。

 

五黄土星は、地球の中心となっており、
非常に強大な土星熱エネルギーとして
考えられています。

五黄土星の基本象意
「支配、腐敗、破壊、再生」

 

基本的な象意より

『何をやってもうまくいかない』とか

『思うように進まない』といった事が

起こりやすいと言われています。

 

確かに五黄土星の定位置は

八つの星に囲まれているから

「八方塞がり」

と表現する流派があります。

 

八方塞がりの時は、

『何をやってもうまくいかない。』

『大きなことはしてはいけない。』

と考えられています。

 

しかし、八方塞がりという考え方は、

注意喚起としての表現であると考えます。

 

中宮に回座している年、

運のエネルギーとしては

既にピークを迎えているものの盛運であります。

 

人間だれしも好調な状態であれば、

その状態が永遠に続くと思い込み、

さらに発展と拡大を望む傾向にあります。

 

運気的には、ピークであるに関わらず、

「欲望」のまま事を拡大しやすい傾向が

現れやすい時期です。

注意してくださいとの戒めです。

六白金星の2021年の過ごし方は??

2018年から2020年にかけて、

本命星六白金星の方は、好調な時期を

過ごされてきたことでしょう。

 

結果を残されてきたのでは

ないでしょうか??

 

人は好調の時には内省しない傾向にあります。

 

2021年は、ちょっと一休みの時期です。

過去三年間のやってきたことを振り返り

見直す時期にするとよいでしょう。

 

2022年以降さらなる発展するための

準備期間とするとよいでしょう!

 

中宮に回座する時期は「見直しと改善」を施し、

充実と安定を図る良い時期です。

来年北京五輪で三連覇に向けて、

2021年の過ごし方は、

非常に重要になりそうですね。

今後のの運勢は??

 

今後の運勢は、2025年までは波がありますが良い運気が続きます。

長年の活動の成果を一つにまとめ上げる9年間になるのではないでしょうか??

今後のさらなる活躍を期待したいですね・・

最後に

 

自分の運気のいい時期

 

自分の運気が低迷する時期を知ることで

 

どの時期に頑張って

  

どの時期に結果を出し、

 

どの時期に才能や力を身に付けるのか

 

 

タイミングにどう掴む

 

占いの運気の流れを知ることは大事ですね。

 

コメントを残す