九紫火星の2022年11月の運勢はどうなの?

こんにちわ。
九星気学鑑定士の夏目晃丞です。

本命星の九紫火星2022年11月の運勢について紹介します。

2022年11月 九紫火星 運勢

2022年11月本命星の九紫火星は、方位盤上で震宮に位置します。

月の運勢を見る際は、月の方位盤と年の方位盤を重ねる事で読み解きます。

では、本命星九紫火星の 2022年11月の月盤と年盤の重なりについて、みてみましょう。

同会について

同会とは自らの意志や行動による運勢をしめします

本命星九紫火星の月盤の「九」が年盤でどこの位置にあるかを見ます。

本命星九紫火星は、2022年11月の月盤上では、震宮と呼ばれる部屋に回座します。

2022年11月 九紫火星 運勢

年盤上の三碧同会と同じ部屋になります。(三碧同会)

2022年11月九紫火星は、震宮で三碧木星と同会すると表現されます。

2022年11月の九紫火星には、「三碧木星の象意」が関係してきます。

同会により、三碧木星の象意の影響を受けます。

影響の受け方は、自動的で、自らの意志や行動による影響が多くなります

主な三碧木星の象意

2022年11月 九紫火星 運勢

発展、進展、発信、

出店、宣伝、評価、

発明、アイデア、

震、波、雷、音、

律動、光、磁石、

電気、電子機械、音楽、

声楽、演説、発言、

スピーチ、司会、若者、青年

 

尚、以下のような事柄に自発的に着手するようなことが起きやすくなります

  • 若者と関りが多くなりやすい。
  • 隠蔽しようとして、それが発覚してしまう
  • 予期せぬことが発覚したり見つかったりする。
  • 気持ちも明るくなる。
  • 活動すると気持ちがおこる

 

    被同会について

    上記の同会とは反対に、
    被同会とは、年盤の「九」が月盤でどこの位置にあるかを見ます。

    年盤上の離宮に回座する本命星九紫火星。

    月盤上の六白金星に被ります。(六白被同会)

    被同会により、六白金星の象意の影響を受けます。

    影響の受け方は、他動的です。

    自らの意志や行動によらない影響が多くなります。

    主な六白金星の象意

    2022年11月 九紫火星 運勢

    権限、権力、指導、

    指揮、組織、団体、

    投資投機、援助支援、

    神社仏閣、諸官庁、行政機関、

    公的機関、金融機関、試験、

    運動場、競技場、円形球体のもの、

    自らの意志や行動によらない他動的から来る運勢といわれます

    • 多忙な日々が続ききやすい。
    • 大きな取引で損失を被ることがある。
    • 投資投機などで損失を被る事がある。
    • 事業などの支援が断ち切れるようなことがある。
    • 資金繰りが上手く行かなくなることがある。
    • 上司、先輩、上長の者から威圧されることがある。
    • 争い事、勝負事に負けて損をすることがある

     

    月盤の廻坐による影響

    2022年11月の九紫火星は、「震宮」に回座します。

    震宮の部屋の方位は、朝日が昇る「東」にあたります。

    震宮の部屋に回座する時は、発展と拡大との時期になります。

     

    積極姿勢で物事に取り組むことが大切な月になりそうです

     

    とてもポジティブな気持ちで前進したい気持ちが盛り上がります。

    九星気学を知ることで
    人生を楽しく有意義に過ごすことができるようになります。

    九星気学勉強会はこちら記事下ボタン
    ↑↑↑↑↑↑↑
    九星気学についてもっと詳しく知りたいと思った方はこちら LINE公式アカウントへの登録をお願いします九星気学鑑定はこちら記事下ボタン
    ↑↑↑↑↑↑↑
    今ならお試し価格でアナタを鑑定致します。
    鑑定希望の方は、LINE公式アカウントより登録後メッセージをお願いします。