2022年 九紫火星 運勢

こんにちわ。
九星気学鑑定士の夏目晃丞です。

本命星の六白金星2022年2月の運勢について紹介します。

2022年2月本命星の六白金星は、方位盤上で離宮に位置します。

月の運勢を見る際は、月の方位盤と年の方位盤を重ねる事で読み解きます。

では、本命星六白金星の 2022年2月の月盤と年盤の重なりについて、見てみましょう。

同会について

同会とは自らの意志や行動による運勢を示します。

本命星六白金星の月盤の「六」が年盤でどこの位置にあるかを見ます。

本命星六白金星は、2022年2月の月盤上では、離宮と呼ばれる部屋に回座します。

年盤上の九紫火星と同じ部屋になります。(九紫同会)

2022年2月六白金星は、離宮で九紫火星と同会すると表現されます。

2022年2月の六白金星は、「九紫火星の象意」が関係してきます。

同会により、九紫火星の象意の影響を受けます。

影響の受け方は、自動的で、自らの意志や行動による影響が多くなります

主な九紫火星の象意

離別、決別、離婚、別居、引越、

家出、離職、復縁、復帰、復職、

追究、発明、発見、先見の明、華麗なもの、

名誉、地位、争闘、勝負事、裁判訴訟、

高所、先端が尖った物、火、

尚、以下のような事柄に自発的に着手するようなことが起きやすくなります

離宮には、天道という吉神がついています。

九紫火星の象意の良い意味にて解釈していきます。

  • 不都合な人や環境から離れる意志や行動していく。
  • 物事を明らかになる。
  • 行先で良い偶然の再会や出来事などが起きやすい。
  • 物事に探求して、良いアイデアが閃いたりする。
  • 名誉や地位を得る

 

    被同会について

    上記の同会とは反対に、
    被同会とは、年盤の「六」が月盤でどこの位置にあるかを見ます。

    年盤上の乾宮に回座する本命星六白金星。

    月盤上の三碧木星が被ります。(三碧被同会)

    被同会は三碧木星の象意を受けます。

    影響の受け方は、他動的です。

    自らの意志や行動によらない影響が多くなります。

    主な三碧木星の象意

    発展、進展、発信、

    宣伝、評価、発明、

    アイデア、震、波、

    雷、音、律動、

    光、磁石、電気、電子機械

    音楽、声楽、演説、発言、

    スピーチ、司会、発展

    自らの意志や行動によらない他動的から来る運勢といわれます。

    尚、以下のような事柄が発現しやすくなる月となります

    • 新しい出来事や新しい計画が生じてくる
    • 隠れていたことが表面化する
    • 若い人の助力を得て、仕事が好転する
    • 予期せぬことや嫌なことが発覚したり見つかったりする。

     

    月盤の廻坐による影響

    2022年2月の六白金星は、「離宮」に回座します。

    離宮の象意で、火より明るくなるという意味があります。

    火によって、目の前は明るく照らされます。

    周囲のことが良く見通すことが出来ます。

    自身から周りを見渡せます。

    反面、周りからも見られる環境に居る事になります。

    そのために、普段以上に身だしなみに気遣うことを心がけてみましょう。

    2022年2月の六白金星は、南に廻ります。

    そのために、気性が荒くなりやすいです

    良くも悪くも内に秘めた思いや感情を表に出してしまいやすいです。

    それが元でトラブルや揉め事に発展しやすいです。

    発言や行動には十分に注意して下さい。

    離宮には離別作用があります。

    離婚や別居、離職、離散決別など、離れることを意識しやすくなります。

    家を出ようとしたり、会社を辞めようとしたりします。

    思い付きで行動するではなく、冷静かつ慎重に行動するように心がけてください。

    九星気学を知ることで
    人生を楽しく有意義に過ごすことができるようになります。

    九星気学勉強会はこちら記事下ボタン
    ↑↑↑↑↑↑↑
    九星気学についてもっと詳しく知りたいと思った方はこちら LINE公式アカウントへの登録をお願いします九星気学鑑定はこちら記事下ボタン
    ↑↑↑↑↑↑↑
    今ならお試し価格でアナタを鑑定致します。
    鑑定希望の方は、LINE公式アカウントより登録後メッセージをお願いします。