こんにちわ。
九星気学鑑定士の夏目晃丞です。

本命星の三碧木星2022年3月の運勢について紹介します。

2022年3月本命星の三碧木星は、方位盤上で兌宮に位置します。

月の運勢を見る際は、月の方位盤と年の方位盤を重ねる事で読み解きます。

2022年3月の方位盤【月盤】では、三碧木星は、兌宮という部屋にいます。

兌宮の影響をうけます。

また、2022年方位盤【年盤】では、兌宮という部屋には七赤金星があります。
七赤金星の影響をうけます。

七赤金星には以下の意味が有ります。

・悦ぶ・沢・金銭・酒食・色情

・口論・雄弁・金融・不足・不充分

・借金・経済・趣味・娯楽・婚態

・遊興中・食事中・恋愛

 

2022年3月の三碧木星にとってはどんな月になるの?

兌宮という部屋や七赤金星という星の意味から、次のような事象が出てくるといわれています。

・結婚があったり、異性関係に発展が起こりやすい。

・他にも悦び事の多い象があるが、財産の損減がある

・遊びに比重が重くなり、また色情や金銭関係にも問題が起きてくる。

・また口論や口舌事なども起こし易い。

特に、恋愛の関係やお金の関係に関する事柄が起こりやすいといわれています。

とはいえ、2022年3月三碧木星のいる部屋には、月破という凶神が付きます。

月破とは、文字通り破とは、物事が「破られる」災いです。

具体的には、次のようなことが起こりやすいです。

・契約や約束事が破らる。

・縁談が破談になる。

上記から、三碧木星の方にとっては、2022年3月は次のようなことが起こりやすいといわれています

・恋人の間に仲違えがあり、思い煩う・思い迷う。

・縁談など破れを招く

・当てにしてた金の関係が上手く行かずに、まごつく

3月といえば、学校や多くの企業で、年度末でもあることから

別れの季節という側面があります。

東京近郊では、桜も咲き始め、華やいだ雰囲気とはうらはらに

少し物悲しい月であります。

とはいえ、気候も暖かくり穏やかなるので、

レジャーをアクティブに楽しめる月でもあります。

恋人やパートナーとレジャーを楽しむ時間を多くとると良いかもしれません!

破れの作用があるということをちょっとだけ頭の片隅に置いて恋人やパートナーとの時間を大切に過ごしてほしいです。

合う時間を増やして、楽しい時間を紡いでゆきましょう!

 

 

九星気学を知ることで
人生を楽しく有意義に過ごすことができるようになります。

九星気学勉強会はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
九星気学についてもっと詳しく知りたいと思った方はこちら LINE公式アカウントへの登録をお願いします九星気学鑑定はこちら記事下ボタン
↑↑↑↑↑↑↑
今ならお試し価格でアナタを鑑定致します。
鑑定希望の方は、LINE公式アカウントより登録後メッセージをお願いします。